03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

やっとこさ

2008/10/27
栗本です

ワイマールから帰ってきました。

現地に向かう時、乗るはずのICE(ドイツの新幹線)がキャンセルになり凄く焦りました!!!

車内アナウンスで『まずライプツィヒまで行ってそこからワイマールに・・・』

そんな事してたら本番の19時に到底間に合いません!

本番に遅刻、というのははっきりいってタブー。やばい������
でも運良く臨時の電車が走っていて本番45分前に到着!ああ神様jumee��faceA80

そして、

最終公演も満員御礼で終了。

また4月に同じオーケストラからムソルグフスキーの「展覧会の絵」のお仕事を頂いたので
ワイマールへは半年後また行く事になりました。

1つの仕事がまた別の仕事に繋がりました。
嬉しいっす���z


ではでは
昨日の続きでIEMAの最終コンサートの写真を載せたいと思います

DSC05228_convert_20081027000658.jpg
本番会場カールスルーエにあるZKM。このスタジオ内にスピーカーが46台天井にぶら下がっています!現代曲にとってまさにやりたい放題できるホール!GP(ゲネラルプローベ、本番前日の通し合わせ)の準備中です


DSC05255_convert_20081027000929.jpg
ちなみにこれが会場の外側。全部ガラス張り



DSC05234_convert_20081027000827.jpg
GPが思うように進行できず皆かなりイライラ。1曲1曲がセッティングに時間がかかるのでどの順番で合わせをするのがベストか検討中



DSC05230_convert_20081027000725.jpg
今回も大活躍のコンピューターとミキサーたち


DSC05233_convert_20081027000758.jpg
合わせの合間を縫ってシュトックハウゼン作曲「ハーレキン」を練習しているメルヴェ


963_convert_20081027003829.jpg
これが本番の同じ場面。ちなみに私はスポットライト係でした



「ハーレキン」はピエロ。そのピエロになってクラリネット奏者は曲中暗譜で躍りながら、寝ながら、顔の表情でお客さんを笑わせたりしながら演奏するという超ハードな曲。でも、メルヴェ!素晴らしいパフォーマンスでした!!

私も「友情より=In Freundschaft」という彼の曲をやはり暗譜で動き付きで演奏した事があるけど、ハーレキンに比べたら。。。楽ってもんです���G
サックスでハーレキンが演奏可能なら是非やろうと思ってます


DSC05253_convert_20081027000858.jpg
打ち上げー


これでアカデミーは終わってしまいましたが、この後も皆で何か出来たらいい、やっていこう!と言う事で、『Keyzer Kollektiv』カイザーコレクティーヴという名前でグループを結成、どうなるか分かりませんが皆で頑張って行こうと思います。

今後ブログではIEMAではなくカイザーコレクティーヴ、略してカイザーでなにかお知らせできればと思ってます!

IEMAのみんな!おつかれ~

来週は木・金とカルテットの本番です。カメラ忘れずに持って行きます。次回は初メンバー紹介になりそうです



では

栗本
スポンサーサイト
00:49 現代音楽 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。