07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

オペラの合わせ

2008/08/31
栗本です

オペラの合わせは順調に進んでいます。

指揮者のハールナイトさんもとても面白い方なので、合わせの空気が悪くなる事もなくとても楽しいです


オケの団員の人たちもとても親切。
アットホームな感じです

作曲者のカヤ・チェルノヴィンさんも合わせに参加。彼女もとても穏やかな方。
あ、あの人があんな曲を!?というギャップを感じます

2年半日本に住んでいたそうで、少し日本語が話せるんです!

DSC05145_convert_20080831012049.jpgDSC05146_convert_20080831012115.jpg
オケの練習場。。。夕方になると男の子達が彼らの芸術を完成させるため群がります。
なので、毎日柄が違う。。。


カヤさんと現代曲の合わせでは必ずと言っていいほど行われる「音の修正作業」(楽譜に書かれている特殊奏法の表示が解りずらかったり、奏者が理解できない場合、作曲者が求めている音が出せていない時があるのでその説明を受けて一緒に音作りをする)をし、

昨日からBO(Bühneorchester=オケが舞台の歌い手さんと振り付けなどと一緒にやる合わせ)が始まり、若干緊張感も加わり、昨日は通し練習だったので、終わった後知恵熱がでました(笑
DSC05148_convert_20080831014827.jpg DSC05186_convert_20080831014852.jpg
オケピットからみた劇場       客席からみた舞台


劇場はワイマールの中心にある国立劇場。ゲーテとシラーの銅像の真後ろにあります
DSC05156_convert_20080831015152.jpg
ゲーテ(左)とシラー 後ろが劇場 この写真を撮った8月28日はゲーテの誕生日でした。�L���L���i�I�����W�jDSC05143_convert_20080831015552.jpg
引きで撮るとこんなかんじ


現代曲の合わせでいつも感じる事だけど、

サックスって、音色が豊かだから絶対に音量落とされる��


あんまり"目立ちたくない"ソプラニーノのソロの部分は超吹かされる。。。

たまには大きい音で吹きたいなー


でも、大抵弦楽器とのカラミがあると無理


栗本
スポンサーサイト
02:03 音楽 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。