06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

東京G術大学

2009/08/19
栗本です



G大の話を1つ



当時のG大器楽科(弦、ピアノを除く)は

どちらかと言うと体育会系。


上下関係もとても厳しいし、業界用語が飛び交ってました。



そして何より


芸術家の卵の集まる学校

多くの学生は


良く言うと、

想像力豊かで行動力もあり活発!

別の言葉で言うと


変な人



先輩になるに連れて


その想像力と行動力はさらに開花されます(怖いもの知らずになる)

私ときたづま氏のカヲルと天皇陛下事件が良い例(過去の日記参照)









私がまだC年(1年生)のころ


夜の22時半ごろだったか(こんな時間に残ってるのは管打楽器の学生ぐらい)

練習を終え帰ろうと思ってエレベーターのボタンを押し待っていると


エレベーターが4階に近づくとともに聴こえてくるピアノの音




はて?










チン!(到着)





4階、奇人の集まる管楽器の村でございます







エレベーターが開いて目をやると




中には



アップライトのピアノ


0608090102_convert_20090820024949.jpg


があり、



扉に背を向けて無心にジャズを弾いている先輩1人と



なんかよくわからない汚いぬいぐるみ1匹





ただ乗ってくる人を驚かす為だけに



やったに違いないんだけど




ウケる!!!


素晴らしい行動力!


なにより意味不明のぬいぐるみがシュール!!!




爆笑しましたが





先輩だったので



「お、お先に失礼します」


というと


笑う訳でもなく、何か私に聞くでもなく



「おう、降りっぞ」


と一言いってまた弾き始めました



私はその先輩と1階まで降り、


彼の為に4階のボタンを押して帰りましたが


この時改めて



この大学入って良かった!



と思いました(笑




1つ残念なのは



この先輩が誰だったか


全く覚えてない!



こと



誰かこの事覚えてるG大卒業生いないかなぁ






栗本

注意) 器楽科の学生には勿論気品溢れる上品で立派な普通な学生も沢山いましたよ!

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

にほんブログ村 クラシックブログ サックスへ

にほんブログ村 音楽ブログへ
 ※読んでくれてありがとうございました!上のバナーの1つをポチっとして頂けるともっと嬉しいです!


スポンサーサイト
19:07 音楽 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。