10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

案の定

2008/11/30
栗本です

アンサンブルモデルン(EM)の合わせ無事終わりました

合わせ1回、2時間で充分でした~

というのも、

案の定、難しいとぼやいていた曲は

『何となくでもちゃんと吹く』という曲で

(雰囲気重視?)

ずっと大きな音で全員で吹く(semple f=センプレ・フォルテ,常にフォルテで)

funkyJazzy?な曲で、表示されている『現代音楽奏法』は複雑に書かれている割に

上に書いたような感じに吹けばオッケーでした。。。

どのみちうるさくて個々の楽器の音は聞こえないし。。。

全部の楽器の音が同時に鳴って1つの音として聴く感じかなぁ

そんな曲でも(言われるまで気づかなかったけど)『ソロ』があるので

まわりの音に埋らないように頑張ります


アンサンブルモデルンの本番、まして合わせに参加するのは初めてなのですが

なにぶん1年間アカデミー生としてモデルンに通ってたし

モデルンがフランクフルトの劇場とやっている

K.ワイルの『三文オペラ』には以前から参加していて

メンバー全員を良く知っているので

『初めて』の緊張感がゼロでした

しょっぱなからアットホーム。。。

「あれ~、どうしたの?今日は何?」

とか

「あ、新しいサックスの人ね!よろしく」


みたいな会話はいっさいなく普通でした


もうちょっとなんかあっても・・・


・・・でも、私は知っています!

モデルンのみなさん

みんなフレンドリーで平均年齢も若い、面白い!そして親切

ありがたい事です



でもやっぱりプロ

当たり前ですが、皆さん上手

で、怖いのが、

トラ(曲の編成によって足りない楽器、演奏者は外部の人にお願いする)で呼ばれた人の演奏

どんだけ吹けるのか、ちゃんと吹くのか吹けるのか


ちゃんと聴いてる!

ちょー試されてるのが分かる�ł�3

それは前から感じていたので

合わせでヘマは出来ない!!ちゃんと吹かなきゃ!!

と変にプレッシャーがかかりすぎて緊張してしまい


家に着いたら知恵熱が出ました���G

心拍数は上がってなかったんですが

凄い集中力を昨日4時間維持させたので

普段使わない私のが悲鳴を上げました ははは


本番までもう合わせはないのでお家で最終チェックしないとね!


でも、集中力集中させるのはとても大事な事だと思うので

初心忘れるべからず

で本番に臨みたいと思います


ケルン。すんんごい寒いです!


栗本
スポンサーサイト
18:31 音楽 | コメント(0) | トラックバック(0)

ということで

2008/11/28
栗本です


ということでフランクフルトに行ってきます�V����


結局運搬は同居人が手伝ってくれるそうなので先輩を使わずに済みました


私が吹く2曲は勿論現代曲で、(アンサンブルモデルンですからね!)

どちらの曲もたったの1回ずつしか合わせがありません

で、

テナーで乗る曲は(音源がないから分からないけど)楽譜を見た感じでは


超むずい

何人かの同僚に楽譜を見せたところ


『はぁ?』の連続

だよねー。

最近の現代曲って書かれている楽譜が完璧には絶対に吹けなくて、

作曲家はそれも考慮に入れて曲を書いていたりするから

自分がどこまで完璧に練習したらいいのか分からない・・・


「こんな高い音、こんなに速く吹けませんよ(怒」と言うと


「あ、いいのいいの!この辺の音域でこの書いてある感じのリズムで吹いてくれれば」


と言ってきたりする

おまけに

「その『あ~出せない!難しいよ~』っていう苦しい感じで吹いてくれるのがいいんだよね」

とか言う


結局効果音的な物を要求してたりするんだよね


だったらそう書け・・・書いてください

毎回全ての合わせに顔を出して説明すんのか??
無理でしょう。。。



なので、テナーの曲は凄い変拍子だし連符の嵐、1回だけの合わせと最悪ですが


どう頑張ったらいいか分かりませんが頑張ります



栗本
16:50 私について | コメント(0) | トラックバック(0)

決然とギブアンドテイク

2008/11/27
栗本です

IEMA(インターナショナル・アンサンブルモデルン・アカデミー)が終わって

さっそくアンサンブルモデルンからお仕事を頂きました�s�[�X

12月2日に行われるアンサンブルモデルンのコンサートに出ます

2曲

テナーとバリトン


・・・


テナーとバリトン?


テナーとバリトン!!


きゃーっ


bakadog4.jpg





・・・・・・すみません、取り乱しました


おっきいの2つ

フランクフルトまでどやって運ぼう・・・


そう考えだしてはや3週間。未だにいいアイデアは浮かんでいませんjumee��faceA76

明日から練習が始まりますが、私が乗らなくてはいけないのは金曜から、

金曜はバリトンだけですが、次の日(土曜日)10時からテナーの曲の合わせ・・・


気を利かせてモデルン側が金曜日ホテルを用意してくれたので、

金曜の合わせの後一度家に帰ってテナーをもってくるのも面倒くさい・・・


4時間くらいのロス(だったら練習しろ)


でも2本運ぶのはなぁ。。。女の子だしなぁ

まあ、ぶっちゃけた話、運搬が大変なのは 家→駅の10分の道のりだけ。

フランクフルトに着いたら駅の目の前に路面電車が走っているのでそれに乗ればオッケー。

モデルンの建物も路面電車の駅のすぐ目の前だし。。。


とそろそろ決めなきゃぁー、と思っているところへグッドなタイミングで


芸大時代の先輩いっちゃんが我が家へ


「ピンポ~ン♪」



#227;??#227;?#175;#227;??#227;???+1_convert_20081127171417

ちゃ~んす



先輩をも使う卑劣きわまりない後輩栗本

心の優しいいっちゃんは手伝ってくれると承諾してくれましたjumee��faceA80

先輩と言っても実は同い年で、芸大時代もすでに『いっちゃん』とかあだ名で呼んじゃってたし、

海外生活、助け合っていかないとね!!!molto risoluto

いっちゃんもインターネットが繋がらない~!とヘルプを求めてウチにきたし!うんうん


金曜日のサックスの運搬は何とかなりそうです!

「人を利用する」という意味ではなく

昔からの知り合いが留学先(海外)に越してきて近くに住んでいると


なんだかとても嬉しい。学生時代の雰囲気で話せるというか、ただ単に楽しいというかheart02

と、いうことで(?)仕事頑張ります


栗本
molto risoluto(モルト・リゾルート)は音楽用語で『非常に決然と』

17:47 現代音楽 | コメント(2) | トラックバック(0)

出版ばんざい

2008/11/25
栗本です

昨日ブログでお話ししたサックス12重奏

名前は

Selmersaxharmonic

セルマーサクスハーモニック (ウェブサイトはこちらhttp://www.selmer-saxharmonic.de)

といいます

セルマーという楽器製造会社(例:ヤマハ)がスポンサーだからこんな名前です

来年の12月にCDレコーディングがありますが、その前に

私たちの数あるレパートリーの中の1曲が出版される事になりましたkao04

曲はイギリスの作曲家ヘンリー・パーセル(Henry Purcell、1659年-1695年)作

オペラ The Fairy Queen (「妖精の女王」)

より10曲ほど

編成は

ソプラニーノ×1
ソプラノ×2
アルト×3
テナー×3
バリトン×2
バス×1

です

発売日はまだ決まっていませんが、興味のある方は私の方までご一報ください

ちなみに楽譜の表紙は
DSC05367_convert_20081125041742.jpg
こんなかんじ

真ん中の赤い人、私です

またきちんとした写真、詳細が決まったらお知らせします


え~、まあ、一応メンバーの顔、姿をきちんとお見せしますと
01_selmer_montage_1_convert_20081125042724.jpg

わたし、めっちゃ笑ってます・・・

アンサンブルのHPはまだドイツ語のみですが、
これを機会に日本語バージョンも作りたいと思います。いや、作ります!
(でもデモ演奏は聴けますよ~)




��������������������������������������������������

先日のブログの話に出てきた小中学校の友達Mちゃんが

『栗本発見』を機会に卒業アルバムの住所を便りに旧友にクリスマスカードを送ったそうです

半分以上は戻ってきてしまうのを覚悟で!

その際、カードにこのブログのURLも書いてくれたそうで、

なんと、

すでに3人からブログを通して連絡が!!!


Mちゃんやったね�s�[�X


連絡くれた3人もありがとう!


時が経っても名前を聞いたらその子の顔がくっきりと頭に浮かびました

もちろん小さいときの顔だけどね。


今度日本に帰ったときは絶対にみんなに会いに行こうと思います


では


栗本
04:46 サックス | コメント(3) | トラックバック(0)

しゅね~

2008/11/24
栗本です

昨日の夜アンサンブルの合わせから帰ってきました

今回、個人的にいい写真がとれたと思うので、

サイズを少し大きくして載せたいと思います




合わせ(合同練習)は私がよく行くテーガンゼーから車で30分くらいのところにある

Wall(ヴァル)というの宿泊施設で二日間



みっちりやってきましたよ~


12重奏なので指揮者が必要。今回はファゴット奏者で指揮者でもある

ミラン・トュルコビッチさんが私たちの指揮をしてくれました

彼が振ってくれるのは2回目。私にとって彼はまさに�L���L���i�I�����W�j

なので毎度の事ながら感無量




私はカルテットの合わせもあったので前日入り(木曜日。テーガンゼー)

雪は降っていなかったけど風邪が強く「明日から雪」との情報...


なんとな~くやる気のでなかった私たちは

トーマスの家でお三時を頂き、甥っ子ダニエルをしばらく観賞(笑)
DSC05344_convert_20081124182427.jpg
寝起きだったから面白かった。かわいいでしょ��


このかわいいダニエルがいつか後ろの怪獣みたいになるのかと思うと・・・��������



金曜日。現地に到着



宿泊施設はバイエルン地方独特のアットホームな雰囲気で

1階にはレストランがあり、そこで毎回食事をしました

宿泊料金に食事代も入っていたのですが、それにしても安い

食事がケルンより3-4ユーロ安く


そして


さすがバイエルン


量が2倍ドカーン

DSC05358_convert_20081124182825.jpg
クリスティアンが頼んだLeberkäse(レーバーケーゼ=レバーをムース状にして焼いたもの)


目玉焼きが小さく見える・・・うずらの卵じゃないですよ

これで一人前

ここに1週間いたら私は成人病にかかると思う�G���������͂��Ă�������


このレストランはお年寄りの憩いの場みたいにもなっていて

お年寄りだらけでした���G


そのお年寄りの皆さんが言うには、


私はこの村初の日本人だそうです


いえ~い���z



そして、

2階に広いパーティースペースがあり

そこが私たちの練習場に早変わり
DSC05370_convert_20081124183014.jpg
ミランと合わせ中(この楽章は5人のみ)

部屋中鹿の角と骸骨(?)だらけ  多分狩られた鹿たち


案の定この日から雪が降り始め、あっと言う間に積もりました
DSC05372_convert_20081124183041.jpg
降り始めて2時間後の外

この写真を撮ったときは一瞬雪がやんだのですが、この後一晩中降り続けました

雪も降り気温もぐんぐん下がります。

練習場はセントラルヒーティングが通っていない代わりに

大きな暖炉があり


休憩のときには皆で暖炉の前に座り暖をとります
DSC05374_convert_20081124225233.jpg
ドイツのアパートはストーブではなく殆どがお湯を暖房機の中に送って部屋を暖めるので

の暖かさを久しぶりに堪能できました



年に2、3回のペースで合同練習をする私たち。

メンバーは私以外全員ドイツ人で、12人のうち

2人・アムステルダム、
2人・ベルリン
2人・ケルン
残りの6人バイエルン地方



ドイツ国内は勿論、オランダと全員散らばって住んでいるので毎回みんなに会えるのが楽しみです

なかでもバスサックスのラルス(Lars)は

私がアムステルダムで勉強していたときからの友達

弟みたいな感じで私によくなついています(笑
DSC05361_convert_20081124182851.jpg
ラルス練習中



練習後は勿論�r�[��
DSC05380_convert_20081124183143.jpg
ミランを囲んでみんなでおしゃべり

写真の右側の壁に掛かっているのは古いサッカーチームとスキーの選手の写真。



なかでも1人スキー(たぶんジャンプ?)選手ですごい面白い写真がありました




DSC05378_convert_20081124183106.jpg


ルイージ?


ドイツではまだこういうヒゲを生やした中高年の人をよく見かけます


なんかヒゲもウケるしユニフォームもなんか・・・で、なにって、目線が一番ウケる


スポーツやってる顔じゃないよなぁ。。。





かるーくココでもカルチャーショック的な物を受けましたが、
練習は充実した物になり、2月のインツェルとウィーンでのコンサートはうまくいきそうです



最終日はいいお天気になり、帰りの車の中からみた景色はとってもきれいでした
DSC05384_convert_20081124183217.jpg


ミュンヘンからの電車は雪の影響で30分も遅れてケルンに到着�{


あまり雪の降らないケルンですが、なんと積もっていてびっくり

近所のEigelstein(アイゲルシュタイン)という広場にあるクリスマスツリーに

雪が積もっていてこれも奇麗でした

DSC05388_convert_20081124183240.jpg

雪っていいですよね。

こっちの冬の寒さは尋常じゃないときがあるので気をつけたいと思います


今日も雪が降っています!家でじっとしていよう。。。



栗本
タイトルの「しゅね~」はドイツ語で「雪=Schnee」です
23:04 サックス | コメント(1) | トラックバック(0)

分解

2008/11/20
栗本です



2回目の大失敗。。。


そう、起こるのはいつも『寝る直前』


ただでさえ眠くて動きが鈍くなっているのに


素早く処理しなくてはいけません



まずタオルの上にキーボードを逆さまにして置きある程度の水分(お茶)を外に出す


キーを1個1個はずす(私は耳かきをいつも使っています)

キーの周りしたに入り込んだ水を拭き取る

と、ここで

『(外見的に)水は全部拭き取れた』ので


一度キーボードで何か打ってみる


すると、今回は


『。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。』



常に「。」が押された状態 = キーボードの内部まで水が入っている証拠


なので


再びキーボードをひっくり返し『解体作業開始』



裏のねじを外す
DSC05338_convert_20081120164531.jpg
キーボードのすぐ裏はこのような鉄板が入っていて
20個ほどの小さなねじで留めてあります。


机の上が散らかっているのがバレバレ・・・


ねじを全部外して
DSC05341_convert_20081120164604.jpg
鉄板のしたは上にある緑と透明のシートがあり(これがキーボードの心臓)
その下が私たちが普段打っているキーの真裏





この透明なシート、実は3枚になっていて、


今回はシートの間間にお茶がしっかり染み渡っていました



間にティッシュを挟んで水を吸い取り


完全に乾いたらまた組み立てます



この作業、3時間くらいかかりました



でも、1回目は赤ワインだったから半日かかったっけ


もうちょっと慎重になろう。。。


今日から日曜日までまたまたテーガンゼーです


今回はサックス12重奏の合わせ!


では!


栗本



17:13 私について | コメント(4) | トラックバック(0)

感覚直感人間

2008/11/19
栗本です

私はおっちょこちょい、というかガサツ、というか雑な人間で、


よっぽどの事でない限り慎重に物事を考えません���G


感覚直感タイプです。


そんな私

家での作業スペース(パソコンや書類を置く机とか)はなるべく広い方が嬉しい。

(整理整頓できても3日ともたないので、ただ物を置くだけの場所が欲しい)


が、

そんな贅沢は言ってられません!

我が家は2人住まいで部屋が3つしかありません(キッチン入れて4つ)

1. リビングルーム
2. 練習室(+同居人の作業スペース。防音室の脇、これも狭い)
3. 寝室

以前は4つ目の部屋キッチンの角に私の作業スペースはあったのですが

台所のブレーカーがすぐ落ちてパソコン(デスクトップだから)にとても悪いので

リビングへお引っ越し


ちなみに、

同居人は私よりもひどい「片付けられない人」



あ、


違うわ、そういやぁ

『オレは片付けない人』って訂正されたな。


なんざそりゃ���Ƃ�

can't ではなく don't なんだとさ。

そんなわけで、
私の作業スペースはごちゃごちゃ、同居人の片付けないものでごった返し

リビングルームが2人の物で汚染され、客を招きづらくなったので



最終手段


寝室へゴー

やっと落ち着いた感じです。でも狭い。狭い狭い狭い狭い

二畳くらいかな。新しい領地。。。


部屋の狭さと私のガサツさと感覚で行動する性格


この3つが重なり合う時、事件は必ず起こります。


一昨日の夜

風邪で若干朦朧としていたし、かなり眠かった私

パソコンの前に座って左手にハーブティー、右手でマウス操作

麻雀ゲームをやっていました。。。



ふと時計を見ると12時過ぎ

いかん、寝ないと風邪が悪化する!



テンパる私

ゲームではちっともテンパれなかったのに




無意識に左手に持っていたコップをキーボードの手前に置き

振り返ってベットの上に携帯電話があるかをチェック(目覚まし用)


そしてまたパソコンの方に振り向いた時


左腕で思いっきりコップをキーボード側に倒し

入っていたハーブティーはキーボードの中へ・・・


・・・


やっちゃった



でも、恥ずかしい事に、これ2回目


なんでコップを置いたか全く理解できないし、領地は書類とか楽譜で散乱、眠気と風邪で思考能力が低下、テンパリ中。。。



あれもこれも全部
狭いのが悪い!!

ということにして、

キーボード救出編はまた後ほど書きます


栗本

18:24 私について | コメント(1) | トラックバック(0)

ビザゲット

2008/11/14
栗本です

7時前に起きて外人局に行ってきましたよ(昨日外事局ってかいちゃってますね???G )!!


今朝からちょっと風邪気味。うぅぅ。。。



ええと、役所は、


狙い通り ガラガラ

いえ~い

私が着いたとき周りに誰もいなかったDSC05328_convert_20081114001509.jpg
部屋がアルファベットで区切られています(ドアにこのように貼ってある)
ここの外人局は予約をせず、ドアが開くまでひたすら待ちます


去年まで私(K)担当だった人は負のオーラが出てて無愛想だから何となく嫌だったけど

今回の担当のお兄さんはとてもいい人??-??しかもちょいとイイ男



なので(?)


何の問題もなく更新完了~ まったらいね~ん�N���b�J�[


その後役所の近くのパン屋さんで美味しいパンを買い我が家へ��9時過ぎ着


同居人・・・


まだ寝てやが�{


まあ、忙しいから寝れるときに寝ておかないとねぇ

とは思うんですが、今朝もうすでに一仕事終えた偉い人(私�s�[�X)から見ると


実際は違ってもぐうたら人間に見えますね(笑



昼間は来年の手帳とクリスマスカードを買いに大型文房具店『Ortlof』へ行き

モチベーションが波に乗ってきたフィットネス通いをさらに快適にするため

スポーツ用品店で2、3買い物。


最近お金使いすぎてます。。。�o���o���o���o��


でも何ヶ月ぶりだろう!

街に『お買い物』に出れたのって!!!!



感動ですjumee��faceA76

きっとその反動で沢山買っちゃうんだろうな。


街はお昼過ぎだというのに結構混んでいました。


クリスマスの近づいてきた証拠です。


街の広場(Neumarkt)もクリスマスマーケットの準備が始まったようです
DSC05331_convert_20081114001607.jpg
楽しみBrilliant

クリスマスマーケットは11月の下旬から12月22日くらいまで。
またその時期になったらお知らせします



帰りは家の近所の広場を抜けて帰ってきました。
小さい池があって、カモと一緒になぜか一羽の白鳥がいつもやってきます
DSC05330_convert_20081114001539.jpg
とっても奇麗だったので撮りました
左手前の木に隠れちゃってますが、あれ、白鳥です


明日はカルテットの合わせでウルムの方へ。

その後同居人のカルテットのコンサートに行きます。楽しみです


では


栗本
00:30 ドイツ | コメント(1) | トラックバック(0)

年に一度の・・・

2008/11/13
昨日はフィットネスあれから行ったぜぃっ


栗本です

今日は子供を教えてきました

1人女の子で、どうもおつむの弱い子が


たった30分の個人レッスンなのに


ついなが~く感じてしまう。。。


抜けてる、というか、「馬と鹿」なのかなぁ。。。


向こうが質問してきたのでまじめに答えていると

途中から口を挟んできて


まっっっったく関係ないことを喋ってくる。。。

いきなり髪型の話になったな、今日は。。。


「そ、そういうのよくないよ。

自分から聞いてきたんだし、先生が喋ってんじゃん」



というと


「えへへheart02。」






あぁぁぁぁ。。。
こういう子は本当に手が焼けます。うるさい方がまだマシ。純粋だし。。。


つかれました���G





そして、


明日は年に一度の(たのし~いたのし~い)ビザの更新

。。。jumee��faceA76めんどくさぁ
DSC05326_convert_20081113053835.jpg

提出物(保険証、学生証、銀行の3ヶ月分の残高照会)を揃えて書類に全部漏らさず記入をして、

明日外事局で写真を(インスタントのでおっけー)撮って完了


お役所は朝早く行くのが決め手。10時頃行くと混む������

待つのがいやなので、明日早起きして行こうと思います!!


あ、その足でフィットネスに行こ~jumee��faceA3


それからアンサンブルモデルンのお仕事の曲練習!これは絶対に始めないとヤバい


久々のバリトンサックス


でも、当日どうやって運ぼうかなぁ(テナーも持って行かないといけないし・・・)




車の免許をドイツで!?
栗本、ついにその日が来たか?


お財布と相談しましょう



95.jpg
紙のお金がいっぱい欲しい



では~

栗本
06:11 私について | コメント(0) | トラックバック(0)

秋の味覚と命の水

2008/11/11
栗本です

今日は朝から雨������������������

先月から行き始めたフィットネス


午前中から気合いを入れて行こうと思ったけど(昨日も行ったjumee��peace1)


この天気


モチベーションがつい下がってしまった��������






こちらも日本と同じくカボチャの美味しい季節


こっちのカボチャは皮もオレンジ。


色々な大きさ、種類が八百屋さんで売られています





ここは日本人、北海道かぼちゃ=Hokkaido Kürbis』を購入!


1玉はメロンくらいの大きさ。


カボチャとブロッコリーのキッシを作りました��
DSC05310_convert_20081111175801.jpg


ホクホク感のあまりないカボチャだったので、キッシュにぴったり。


美味しかったです


次回はグラタン皿ではなく、きちんとタルト型を買ってきて再チャレンジしたいと思います



さっきから『マイティアCL』を家中大捜索


ドライアイ+乾燥した空気


コンタクトを着用する私にとってマイティアはまさに


命の水�g


どこを探してもない!!!


シャイセ。。。目がぁ、目がぁぁぁぁ


でも、まさかなぁ、、、と思いつつも回転中の洗濯機を覗くと・・・




はぅっっ!!!

DSC05307_convert_20081111175906.jpg


見にくいと思いますがin the 洗濯機


洗濯機も『ふ、不純物確認~!!』 といわんばかり


ドラムの脇へ吐き出してました�́[


でも洗濯が終わるまで命の水の救出は不可能������


みなさん、洗濯する前にポケットをきちんと確認しましょう・・・




栗本


p.s. シャイセはドイツ語の「くそぉ!」です。
女の子があんま口にしちゃあだめですね���[��



18:29 ドイツ | コメント(4) | トラックバック(0)

ダニエル

2008/11/10
栗本です


書くのを忘れてました。


金曜日、ケルンラジオ響の

『映画音楽コンサート』に行ってきました。

なぜかというと、ケルン音大のサックス教授、カナダ人のダニエル・ゴティエが

「Touch me if you can」という映画の曲をソリストとして演奏するから!

結構Jazzyで、どちらかと言うと恩師須川先生にぴったりな曲。

ダニエルの分野ではないので、楽しみでした

演奏はさすがプロ!ばっちり吹いてました。


でも、私はやっぱり須川先生のアノ演奏の仕方のほうが好きだなぁ


もう一つのダニエルを発見できたし、


忙しい中きちんとこなす姿勢、


ソレはソレでいい勉強になりました
DSC05312_convert_20081110190329.jpg
ダニエルとわたし


栗本
19:07 サックス | コメント(3) | トラックバック(0)

ゴッテスディーンスト

2008/11/10
栗本です

土日カルテットの合わせで

シュトュットガルトへ行ってきました。

いつもは木金なんですが、

今回は私たちが普段合わせをしている教会の


Gottesdienst


ゴッテスディーンスト。年に何回か教会がキリスト教の信者を集めて誰かを招いてありがたいお話を聞いたり、歌を歌ったりお祈りをしたりします。大体日曜日か土曜日。
っ私たちはそこの教会の部屋を使わせてもらうお礼に無償で年に4、5回演奏します



があり、4曲ほど吹いてきました。

海外生活6年目、教会に行く事はあっても観光客気分で

訪ねるだけで、ゴッテスディーンストなんて

全く知りませんでした。



今回は2時間の間に歌を2回、

どこかの大学の偉い教授のお話、

教会からクッキーとコーヒーのおもてなしで

15分の雑談タイム。

神父様の神様へのお祈りetc...

一言では言い表せませんが、

馴染みのあるキリスト教、でも、やっぱり

『宗教団体』なんだな、と思いました。

信者さん達の1つの物(キリスト様)を信じる

その精神の団結力をひしひしと感じました。


でも、やっぱり若い人が少なかったなぁ。。。��
クラシックのコンサートもそうですが、ドイツは若者が古典的な物から足と遠のいています
日本もそうですかね。。。なんかちょこっと残念な気がします



土曜日は知り合いの指揮者さんのお宅に招待されたので

みんなで行ってきました。
DSC05319_convert_20081110185027.jpg
右の人が指揮者のマイテさん



5時起きだった私はビール1杯とワイン1杯で

眠気に勝てず無礼ながらもソファーで2時間ほどダウン

DSC05321_convert_20081110185058.jpg
誰かが毛布をかけてくれた。。。


でも、奥さんの手料理は絶品でした�ɂ����

今度は最後まで寝ません!!


栗本

18:55 ドイツ | コメント(0) | トラックバック(0)

パンタ・レイ

2008/11/03
栗本です

先週、木曜金曜とカルテットの本番がありました

木曜日はケルンから電車で5時間40分かけてテーガンゼー(Tegernsee,ミュンヘンからさらに1時間オーストリアの方へ南下)へ移動。

電車の移動は本当にもう慣れました。。。慣れてしまった


最近めっきり秋らしくそして寒くなったドイツ�L���L���i���F�j


ケルンはこの日、寒かったのですが雪が降るほどではありませんでした

が、シュトュットガルトを少し越えたあたりで雪景色が!!
DSC05286_convert_20081103191247.jpg

「この辺で雪がちらついてると言う事は、


最悪テーガンゼーはがっちり積もっている」


という場合が多いので、防寒対策をちゃんとしてなかった私、
電車の中でかなりテンション落ちました��������寒いの嫌い。。。


テーガンゼーは雪は降っていませんでしたが『極寒』でした。
私が到着した15時の段階で-2℃。。。ちゃっぷいjumee��faceA76



コンサートは、
今回は我々にとって新しい曲ばかりプログラムだったので、「慣らし本番」としてはぴったりの30分だけの演奏。

次の日(金曜)のミンデルハイム(Mindelheim)での本番は2時間きっちりでしたが、お客さんの反応もよく楽しかったです


テーガンゼーのコンサート後、ホールのロビーで小さなパーティーがあり、そこで、地元の学生が現地の人が昔から着ている衣装(名前をど忘れしました。聞いておきます)でお手伝い。

DSC05298_convert_20081103191445.jpg
胸元が結構開いていて、みんな胸をググっと上にあげて着るので
結構セクシー

男の子は革の半ズボンに長い靴下、ボレロを着てました。

何度かこのテーガンゼーで演奏させてもらっているけど、コンサートに「正装」という形で皆さんこの民族衣装を着てきます。

私はこれが大好きなので、今度行った時は是非一着買いたいと思います��-��


そして、私のカルテットのメンバーを簡単に紹介
DSC05295_convert_20081103192037.jpg
左からウド(T.sax)、トーマス(B.Sax)そしてクリスティアン(S.Sax)
ウドとトーマスの間にいる女の子はトーマスの彼女のザビーネ

これ、ウド、クリスティアン、ザビーネが小さいのではなく、

トーマスがでかすぎるんです


ジャストメートル

そのせいで、コンサートの時、彼は彼の視界に入っていなかった私を振り向き様ヤツのバリトンで思いっきり殴りました(笑


私は彼の「隣に」いただけなんだけど、彼いはく「純子が下にいたから見えなかった」んだそうです



くそっ



負けない。。。


栗本





23:52 サックス | コメント(1) | トラックバック(0)
 | HOME | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。