07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

オペラの合わせ

2008/08/31
栗本です

オペラの合わせは順調に進んでいます。

指揮者のハールナイトさんもとても面白い方なので、合わせの空気が悪くなる事もなくとても楽しいです


オケの団員の人たちもとても親切。
アットホームな感じです

作曲者のカヤ・チェルノヴィンさんも合わせに参加。彼女もとても穏やかな方。
あ、あの人があんな曲を!?というギャップを感じます

2年半日本に住んでいたそうで、少し日本語が話せるんです!

DSC05145_convert_20080831012049.jpgDSC05146_convert_20080831012115.jpg
オケの練習場。。。夕方になると男の子達が彼らの芸術を完成させるため群がります。
なので、毎日柄が違う。。。


カヤさんと現代曲の合わせでは必ずと言っていいほど行われる「音の修正作業」(楽譜に書かれている特殊奏法の表示が解りずらかったり、奏者が理解できない場合、作曲者が求めている音が出せていない時があるのでその説明を受けて一緒に音作りをする)をし、

昨日からBO(Bühneorchester=オケが舞台の歌い手さんと振り付けなどと一緒にやる合わせ)が始まり、若干緊張感も加わり、昨日は通し練習だったので、終わった後知恵熱がでました(笑
DSC05148_convert_20080831014827.jpg DSC05186_convert_20080831014852.jpg
オケピットからみた劇場       客席からみた舞台


劇場はワイマールの中心にある国立劇場。ゲーテとシラーの銅像の真後ろにあります
DSC05156_convert_20080831015152.jpg
ゲーテ(左)とシラー 後ろが劇場 この写真を撮った8月28日はゲーテの誕生日でした。�L���L���i�I�����W�jDSC05143_convert_20080831015552.jpg
引きで撮るとこんなかんじ


現代曲の合わせでいつも感じる事だけど、

サックスって、音色が豊かだから絶対に音量落とされる��


あんまり"目立ちたくない"ソプラニーノのソロの部分は超吹かされる。。。

たまには大きい音で吹きたいなー


でも、大抵弦楽器とのカラミがあると無理


栗本
スポンサーサイト
02:03 音楽 | コメント(0) | トラックバック(0)

わ、わいまーる

2008/08/31
栗本です

お久しぶりです。今日ケルンに帰ってきました。

ばんぶつるてん の話に引き続き、またまた勘違い。。。

私が言ってたヴァイマーは

日本語で言うワイマールでした。ああ。。。


ドイツ語でワイマール Weimar は「ヴァイマー」と発音します。
なので、こちらに来てから初めて耳にする言葉、頻繁にドイツ語の中で使う言葉などはどうしてもそのまま日本語の中に入れて喋ってしまうんです。。。

とくにwが入っている言葉は難しい!

日本にいる友達に、

「今、クルト・ヴァイルのマハゴニー市の興亡ってオペラに載ってる~」

と話したら、

「え、誰? ひょっとしてクルト・ワイルのこと?」

と言われたり、同じ状況で

ベーベルンの事をヴェーバーンと言ったり。

お恥ずかしい限りです。

でも、別に

かぶれてるわけじゃありませんから!!

でも、この前もオーストリアが出てこなかったなぁ。。。ドイツ語だと全然言い方ちがうから、、、


栗本
01:03 音楽 | コメント(0) | トラックバック(0)

ヴァイマー

2008/08/24
栗本です

昨日Weimarでついにあのオペラの初合わせがありました。

12時からだったため、前日入り。

ヴァイマーはライプツィヒの近く、すぐ東にはチェコ。
(ポーランドの方、と聞いていたんだけど、チェコの方が近かった)

あまり早くについても仕方がないので、夜10時ごろ到着。

ホテルは駅の目の前
DSC05129_convert_20080824191906.jpg
自室から撮ったヴァイマー駅
ね、目の前でしょ

私のお部屋は、まあ、普通のお部屋
DSC05130_convert_20080824192048.jpg

そして、もちろん欠かさず、
DSC05131_convert_20080824193037.jpg
オリンピック!これは多分イギリス人の14歳トーマス!


合わせは12時から14時までのたったの2時間。
最初の30分はオーケストラと2、3カ所合わせ、その後6人のソリストのみで合わせ。

6つのソリスト楽器は、

クラリネット( B管,Es管,Bass)
サクソフォン( Alt, Sopranino)
チェロ
ビオラ
トロンボーン

そして、

のこぎり!

長い薄いノコギリの歯のない側を弦で弾くんです。結構重要なパート

指揮者の方も現代曲のプロなので、合わせはスムーズに進むんだけど、やっぱり
オケの弦楽器(伴奏)の方々が『???????』って感じで

特殊奏法をやるのを恥ずかしがってます。とか、はっきり言って弾きたくないんでしょうね

私がニーノでものすごい高い音を出したら、後ろに座ってるバイオリンのおばちゃんが

口をぽかんと開けて「なんでそんな高い音出んの?」ってぼやいた(笑

噛んでるんです、思いっきり

ただそれだけの事なんですけど、皆さんにはどうやら刺激が強かったみたい。


昨日はいったんケルンに戻って、今日また夜ヴァイマーへ。

月曜から木曜まで本格的に合わせが始まります!
なので、更新は残念ながらできません m(_ _)m


それでは~

栗本


19:47 現代音楽 | コメント(0) | トラックバック(0)

いえま

2008/08/21
栗本です


10月でIEMAが終わります。

9月の下旬から10月上旬まで修了コンサートがあり、今回のファーゼからみんな追い込まれ始めました


よく、「今日は早く寝たい」という台詞を耳にします

アンサンブルモデルンの仕事でクルト・ワイルの三文オペラをやっていた時は
楽しいのでみんな笑顔なんだけど
DSC04597_convert_20080821183327.jpg
本番前オケピットの私たちも衣装を着ます
お客さんに丸見えなのと、劇中立ったり笑ったりします


最近はなんかみんな目に力がなかったり、私が写真を撮ってるのに気づかなかったりします
DSC05119_convert_20080821184007.jpg
カメラに気づかずさらい続けるアンドレアス

DSC05125_convert_20080821184203.jpg
思わず顔を隠す友美ちゃんと疲れモードのマリーケ(Marieke)


現代曲って、ネガティヴにさせられる曲がたまーにあって、
物理的に「無理」な事を要求されるとホントお手上げです。私たち、指は10本しか持ってません!みたいな。。。

これも試練なんでしょうか。。。


いえまのみんな!がんばろうね!



栗本
18:50 現代音楽 | コメント(0) | トラックバック(0)

お仕事

2008/08/21
栗本です


昨日は私が教えに行っている学校の新入生の為の楽器選びのお手伝いで


朝4時半に起きてゲルゼンキルヒェンに行ってきました。

朝は電車が少ないので、一時間かかる道のりですが、7時半集合に間に合うため

5時29分の電車に乗るはめに。。。


私はある音楽学校(Musikschule)から派遣されて、放課後普通の学校に行き子供達にサックスを教えているんだけど、

その学校の新入生(学校は8月が新学期)で、楽器を習いたい子供達(グループで)に45分ずつ各楽器を体験させてやりたい楽器を選ぶ。というもの。一日がかり。。。

ドイツの学校制度は日本と違うので、私が教えに行っているギムナジウム(Gymnasium)は
日本の小学校5年生から高校3年生までが通う学校です。

1つの学校に約7年間通うことになります。


7時55分から14時15分までずうううっと狭い部屋で1グループ5.6人の子供を相手に45分を6回。。。

はっきりいってキツい!

子供っておもしろいもので、のみ込みのはやい子もいれば、全く理解できずに終わった子もいたり、一言も喋らないこのいれば、ずっと喋ってる子もいたり。。。

でも、みんな素直でいい子達でした。

私が持てる新入生は4人なので、誰が来るのか楽しみです。


ドイツ人の大人の人もよくやるんだけど、何人かの子供に

「コンニチハ」と手を前で揃えてお辞儀されました。

それはタイだって。。。しかもタイも人も普段やってんのか私は知らないし。。。

大人がやるから子供もやるんだよねぇ。DSC05128_convert_20080821181448.jpg

Sohieちゃんから絵をもらいました。ありがとー

でも彼女はフルートがやりたいって言ってたなぁ


このあとフランクフルトに行ったので、ほんっと
長い1日でした

栗本





18:19 サックス | コメント(2) | トラックバック(0)

ば、ばんぶつるてん

2008/08/18
たびたびですが栗本です

私のブログのタイトル ばんぶつりゅうてん ですが、

先日お父さんとチャットをしていて

「ばんぶつりゅうてん じゃなくて ばんぶつるてんだよ。」

と言われました。

はっきりいってバカな私のミスです

しかも

「わざとそういう風にしたの?」

と痛い質問。

でも、ばんぶつりゅうてん でも 検索すると出てくるんです。同じ意味で。

まあ、『るてん』よりは遥かに少ないですけど。

Googleに『りゅうてん』で登録しちゃったし、これでググると私のブログがいっちゃん最初に出てくるのでこのままにします!


はい、わざとです!(涙)

これからもよろしくお願いします。

Παντα ρει.

panta rhei.

万物流転

でした。
DSC05081_convert_20080818054808.jpg

追伸、お父さん。私は相も変わらずサボテンを買っています。

左のは同居人のお母さんからもらったサボ。

ドイツでサボテンの事「姑の椅子」って言うんだって!

まさに。。。


栗本
17:51 家族 | コメント(0) | トラックバック(0)

びゅーん。ケルン工業地帯!ケルシュで乾杯!

2008/08/18
栗本です

先日の土曜日に自転車を買いました!

前に持っていた370ユーロもした新品の自転車がアパートの裏庭、敷地内に友達の自転車と一緒に2つの鍵でくくって留めておいたのに2台とも盗まれたんです�{

今回はドイツのkalaydo.deという個人の売りたい物を写真を載せて値段を決めて売買できるサイトに行き、私に合った26インチの自転車を頑張って探しました(26インチってなかなか良いものが載ってないんです。大体みんな女性でも27、28インチの自転車に乗っているので。。。)

1台いい自転車を発見!ケルンの隣にあるボン(Bonn)というところに住んでいる女性から買いました。

自分で取りに行かなくてはいけないので、行きは同居人と電車で移動。

帰りは2人でボンからケルンまで自転車に乗って帰ってくる事にしました。

同居人の自転車は電車に乗せて一緒に移動。自転車用の料金をちゃんと払えば電車に乗せる事ができます。


自転車はオランダの有名な会社のもので、持ち主のおばちゃんが50年近く乗っていたにもかかわらず新品同様の見た目。

自転車国オランダの自転車はしっかりしていて乗り心地も全く違いドイツでは人気があるんです。新品のママチャリが600ユーロくらい(約10万)!高級品です。

私が買ったのは50年ものでも160ユーロ!



ケルンに戻るにはライン川沿いをまーーーっすぐ進めば良いので迷う事はないんですが


が、

甘かった。。。私が甘かった。。。

ケルン、すんごい遠い


ライン川沿いにある表示に『ケルンまで40km』の文字

よ、よんじゅっきろ。。。



そもそも私の提案だったし、同居人はやる気満々だし後にも引けず。。。


いくら乗り心地抜群の自転車つったって。。。ねぇ


やる気の若干うせた私でしたが、いざスタートしてみると意外と平気。景色も最高。お天気良好。

普段電車から見えない景色が見れたり、美味しい空気が吸えたり。気持ちよかった。



ボンをスタートしたのが19:30

約1時間走りようやく中間地点へ到着。

この辺一帯は、小学校の社会科の授業で習った『ケルン工業地帯』
DSC05092_convert_20080818152227.jpg
機械のデカさに圧倒。陽も沈んできました


足は意外と平気だったんだけど、おしりが痛くて何度か立ち漕ぎをしてスピードも落として小さい虫が顔に何度も追突してきたりしたけど

22:10 

やっっとこさ
我が家に到着。2時間半かかりました。

お腹もすいていたので2人でアパートの隣にあるクナイペ・レストランへ直行!

クナイペ=Kneipe,飲み屋

ケルンのビール『ケルシュ』が飲めてご飯も食べれる
私たちの行きつけの観光客ゼロのクナイペ『MAX STARK』
DSC05103_convert_20080818154402.jpg



ここではケルンでもあまり飲む事のできない

『ペフケン=paeffgen』という名前のケルシュが飲めます。ペフケンは樽ビールしか生産していないのでお店で買う事ができません。

このペフケンがとってもおいしい!
DSC05105_convert_20080818055135.jpg
ケルシュはこの細いグラスで飲みます。
右はペフケンのコースター

この細い0.2ℓのグラスに注がれてくるので回転が早く、いつも樽からつぎたてのビールが飲めます。

そう、ケルンの飲み屋の特徴。グラスが空いたら注文しなくてもどんどん新しいビールを

「わんこそば」の要領でウェーターさんが置いて行きます。

なので、ウェーターさんは
.jpg
このようなビール専用のお盆(?)に入れてお客さんの
周りを常にいったりきたり。注いでは置き、注いでは置き。。。
これも一瞬でなくなります。

もし、もうこれ以上飲めない!もう私の前にビールを置かないで!っていう時は
DSC05106_convert_20080818155017.jpg
このようにコースターをかぶせます。


このペフと一緒に食べたのが

これまた超ドイツ!ソーセージ、マッシュポテトとキャベツの酢漬け!
DSC05111_convert_20080818055325.jpg
値段も安くうまい。


スポーツの後のビールとソーセージ。。。はっきり言って消費したカロリーより摂取したカロリーの方が高い。。。


まあ、今回は40km完走した自分へのご褒美、ということで。

ケルンに遊びにくる方、是非ペフが飲めるのみやを探して下さい!

では

栗本



16:07 ケルン | コメント(1) | トラックバック(0)

ケルンの夏、ドイツにあって日本にないもの2

2008/08/16
栗本です

今日はお休みです。


突然ですが、皆さんは動物が好きですか?

私は大好きです。実家にネコが4匹います。
DSC01139_convert_20080816175411.jpg DSC01148_convert_20080816175444.jpg
シロ♂                ハナ♂ この2匹は兄弟

DSC01154_convert_20080816175530.jpg DSC01143_convert_20080816175505.jpg
ユキ♂ 真夏日に私が保護      ニャニャ♂先輩からもらった(もらってあげた)

どの子もみんなかわいいです。

その他にも、ジャンガリアンハムスターとかウサギを飼ってました。

ケルンのお家は同居人のひどい動物アレルギーで大好きな動物が飼えません!

だからそんな中、私の唯一の楽しみは、道行く人が連れているかわいいワン子の観察



ライン川沿いの広場、ちょっとした茂みにいる(いっっっぱいいる)野うさぎの観察です


実家の周りは勿論、産まれてから一度も日本で野ウサギをみた事がなかったので初めて見たときは超感激!(います?日本に?)

『キャー♥』と叫んでしまったため全部逃げたっけ。。。サーーーーッって

本来夜行性なので、昼間はあまり外に出てこないんだけど、ウチの近所の野うさぎは度胸が据わってるので昼間でもおかまいなしでワシワシ草を食べてます。

DSC04949_convert_20080816181122.jpg
2羽いるのみえるかな?

本当はこの2羽の周りに20羽くらいいたんです。マジで。この子らの5分の1サイズの小ウサギもいてすんごいかわいいですよ。

これもドイツにあって日本にないもの、と思います。

前にアムステルダムに住んでいた頃、近所の市場に甘いものがだ~い好きなちびデブ犬がいて、この子もかわいかった!なにかあげるまで付いてきます。

Dog_convert_20080816182003.jpg
こーやってじーーーーっとこっちを見てくる
DogJunko_convert_20080816182033.jpg
仕方がないので食べ終わったオランダのワッフル
に付いてたキャラメルソースのにおいを嗅がせる私
太り過ぎなので私は結局1度も食べ物をあげませんでした!

足が、足が短すぎる!


いや~、動物って、ほんと、かわいいですね��-��

では~

栗本

18:32 ケルン | コメント(0) | トラックバック(0)

「いえま」とその後

2008/08/16
栗本です

本番、終わりました。といっても吹いたの1曲だけだけど。

IEMAの同僚とIEMAの私の先生(クラ吹き)にはとっても好評でした!ありがとう!

愚痴るまえに、ええと、本番の写真取りました。

Galina Ustwolskaia(ウストヴォルスカヤ)作曲のトリオ
DSC05066_convert_20080816160912.jpg
ピアノ:来海友美ちゃん
ヴァイオリン:井上エリちゃん
クラリネット:Merve(メルヴェ)トルコ人の女の子

素晴らしい演奏でした!!

本番といってもおさらい会的なものなので、みんな私服。





さて。。。私的にはよく吹いたと思うんだけど。。。

でも、2人の弦楽器の人に

『変な曲』といわれ若干ショックを隠しきれません。������

この2人だっていっっっっつも現代曲しか弾いてないのに。。。

デニゾフより変な曲いっぱいやってんのに。。。

要するに、サックスが嫌いなだけ�{

他の人には『Geil!!!(ガイル=すげー)』と言われ、この2人に『komische Musik(変な曲)』と言われ。。。温度差に自分の気持ちがついていけなかった。


という感じで本番がおわり、変な気持ちでいつものICEに乗りました。
昨日乗ったマインツ経由ではないと景色はこうなりますDSC05069_convert_20080816160504.jpg
川沿いではなく山沿い。トンネルを3、4回くぐる

電車の中でいつも私は愛用のiPodでよく大好きなお笑いをみながら帰るんだけど、
DSC05072_convert_20080816165251.jpgこんな風に。これはアメトークかな

やっぱ落ち込んでるのか楽しくない。いつもはあっという間の1時間の帰路なのに気がそぞろで長く感じる。。。私こんなに心弱かったっけ???




これはいかんと思い、気分転換に同居人に外にご飯を食べに行こう!と電話をして近所のいつも気になってたイタリアンへ

店内は満員。にも驚いたけど、店の壁にぎっしり飾られた「物」達にもっとびっくりさせられました。
DSC05076_convert_20080816163211.jpg   DSC05077_convert_20080816163404.jpg
     同居人の頭           カウンターの上にシマウマ


DSC05079_convert_20080816163913.jpg   DSC05078_convert_20080816163944.jpg
馬の蹄と自転車             前菜(Antipasta)のサラミとチーズ。美味!

美味しいし変わった店だし、私のモヤモヤも吹っ飛びました。

さっきも出て来たピアノの友美ちゃんがよく私が落ち込んでたりすると

『今日は美味しいもの食べなね』と言ってくれてた意味がやっとわかった!

ありがとう友美ちゃん。本当にそうだね。

明日からまたガンバルぞい!


栗本

16:56 現代音楽 | コメント(0) | トラックバック(0)

ドイツにあって日本にないもの

2008/08/15
栗本です

今日も合わせでフランクフルトに行ってきました。

デニゾフの合わせはピアノとサックスだけなのでいつも小さい絨毯ばりの部屋でやるんですが、明日の本番の為、どうしても広いホールで合わせがしたく、10分だけ吹かせてもらえないかと交渉しにホールで合わせをしている同僚のところに行ったところ

トランペット1人。。。

あれ? たしかペットと打楽器で合わせだったはず。打楽器の子がいません。

理由を聞くと、

『彼女の最寄り駅からフランクフルト行きの電車が走ってないからこれない」

・・・

そう、この発展途上国ドイツ、じつは電車のダイヤめちゃくちゃです。

5分10分の遅れは本当に日常茶飯事。逆に時間道理に来るとびっくりします。

ドイツにあって日本にないもの!毎日の電車の遅れ。

私がほぼ毎日乗っている「ICEフランクフルト方面ミュンヘン行き」

この電車がひどいんです。ケルンで遅れた他のICEを待つためいつも遅れて出発、

なのに、

他の電車は私の乗っている電車を待ってくれない!

フランクフルト空港駅で下りる場合は「まだ」いい!中央駅までの乗り換え電車がわりとあるから。でも、シュトュットガルトに行く時(毎週木、金カルテットの合わせ)はマンハイムで乗り換え。

マンハイムからシュトュットガルト方面の特急は1時間に1本。

なのに待ってくれない

私は待ったから遅れたんだぞ!!お前らも待て!


だから私はマンハイムで1時間する事もなく待ち、カルテットの同僚に連絡し、

なぜか私が謝り、

全く腑に落ちないんだけど、

ケルンから来たシュトュットガルト経由のICEに乗るんです

だったら1時間長く寝れたじゃん! と本当に悔しい思いをする事がよくあります。

ドイツ旅行を計画中の方は十分お気をつけ下さい。飛行機のチェックインギリギリの電車に乗るのは絶対にやめましょう。

電車のキャンセル=走らない

こともあります。待ってても全然来なく、掲示板を見ると

『今日走りません』の文字。

くわばらくわばら。。。



そして今日、IEMAが終わって帰る時、案の定の30分以上の遅れ。しかも時間帯がラッシュ時の18時台だったので満員になる事を予想した私は

乗り換えで満員席なしたちっぱ2時間

より、

乗り換えなしで空き空きゆったり「遠回り=マインツ・コープレンツ経由」で2時間

の方がいい!と思ったのでそれで帰ってきました。疲れてたし、楽器あったし。

ゆったり静かに過ごせて、ライン川のすぐ横を走行。普段とはちがう車窓からの景色。奇麗でした。
DSC05061_convert_20080815051256.jpg
20時前のマインツ周辺のライン川と貨物船


明日はデニゾフ本番~

では

栗本



05:23 ドイツ | コメント(0) | トラックバック(0)

レッスン

2008/08/14
栗本です

今日はゲルゼンキルヒェン(Gelsenkirchen)というところで子供を教えてきました。

毎週水曜日、13時半から18時半まで休みなしに子供がつぎつぎ来ます。

正直言ってつらいっす。でも、ウチの子はみんな素直でいい子なので楽しいは楽しいです。

でも、10歳、11歳を4人1組で教えてるんだけど、いや~うるさい。

同じテンションでノリ突っ込みまでしてなんとか静かにさせてます。。。

疲れた。パワーを全部吸い取られる。。。

今日の写真はそのうるさい育ち盛りの子供達+もうひとり です
DSC04966_convert_20080814061800.jpg
右の2人は従姉同士。みんなあどけない顔してるけど、1人除いて全員私より大きい

明日10時からフランクフルトでデニソフの合わせだ。。。あ~。。。6時起き

寝ます

あ、そうそう、7月の下旬の音楽祭での評論、新聞になぜか私の写真だけ載りました。
Kritik Hohenlohe1_convert_20080814062735


では~




06:24 サックス | コメント(0) | トラックバック(0)

IEMA(いえま)

2008/08/13
栗本です

IEMAが始まりました。

毎日フランクフルトに通っています。今回の10日間のファーゼは乗っている曲が少ないのであまり負担はないです。

フランクフルトまではICEというドイツの新幹線でケルンからフランクまで1時間ちょっと。
DSC05037_convert_20080813070827.jpg
ICE 車内。空いてました


でも、他の人はどうやら地獄のようなスケジュールの様で、数人は毎日朝10時からよる21時まで合わせがあり、まだ二日目の今日ですが、すでに顔が死んでいます。

中でもやはり時間がかかってしまうのがKlangregie(サウンドエンジニアー?って言うんですか?日本語で?),との合わせ。

合わせの前に、マイクの設定、スピーカーの設定、コンピュータのプログラミングの設定などなど、「音」を出すまでにすごい時間がかかる事があります。

私も以前、大村久美子さん作曲のテナ-とクラングレジィの曲ををアカデミーでやったんですが、
まともに合わせができたのが10回中2回くらいでしたね~。。。
(でも大村さんと一緒に合わせができたのが嬉しかった!)

でも、ちょ~いい曲です!!!!!

今日もフルートもマリーケがシュトックハウゼンの曲で(曲中、生放送中のラジオを流す)うまくいかなくてやきもきしてたっけ。

クラングレジィ(Klangregie)のゼバスティアンも、いろんな音を生み出していかなきゃいけないから沢山試したくてどうしても時間がかかっちゃうんですよね。

だからこのファーゼはゼバスティアンとやるリハは30分押し当たり前。

彼も必死です。

クラングレジィの先生(アンサンブルモデルンのスペシャリスト)にも、

「奏者を待たせちゃ駄目!奏者が来てからすぐできる事を前もって自分で準備する事」

っておこられてたっけ。

ゆっくりさんのバスティー(ゼバスティアン)には難しいねー

と、言う事で今日の写真はやきもきしてるマリーケとバスティ

DSC05039_convert_20080813071038.jpg
足下コードだらけ。バスティの使っている最強YAMAHAのミキサー

DSC05042_convert_20080813071317.jpg
ラジオがつながらない、と苛ついている2人

あしたはこどもをおしえにいきまーーーーす


栗本


07:20 現代音楽 | コメント(1) | トラックバック(0)

あしたから

2008/08/11
栗本です

同居人は昨日、結局大きい病因の救急外来へ。

日本の救急外来も凄く待たされるのでしょうか?

彼は11時半頃でかけ、3時過ぎに帰ってきました。

レントゲンも撮って、血も調べたのに、お医者さんは

「わからない。また悪くなったらおいで」と言ったそうです。


日本もそうなの?

そんだけ調べてその捨て台詞?


まあ、今日になって同居人はいくぶん良くなって顔色も良くなったからいいけど。

安心したとたんチョコレートとドイツのミロみたいのを食べてお腹壊してたな。。。

まあ、誘ったのは私なんだけどね。。。


明日からIEMAが始まる。。。

過酷なスケジュールが私を待っています。。。体調、私が気をつけないと!


オリンピックが大好きな私。この為に大金はたいてテレビも買ったのに、明日から全然観れない。。。しくしく
DSC05036_convert_20080811063514.jpg
テレビ (LG の)

では~
06:39 意気込み | コメント(2) | トラックバック(0)

おなか

2008/08/09
くりじゅんです

同居人が昼過ぎにレコーディングを終えてベルリンから帰宅。

"お疲れ~"の一言でもかけてあげよう。さぞ本人もレコーディングがうまく行って晴やかな気分だろう!じゃあその顔拝んじゃおうじゃない!と玄関の方へ行ったら

同居人: Ha...Hallo...

私: うっ。。。

顔面蒼白で、か細~い声。

同居人はドイツ人の中でも大きめの190㎝の長身、見た目は"賢いでかい犬"。
なのに心はクリオネ。

とってもナイーヴ。すぐ不調を訴えます。殻で覆われていないので、すぐ傷つきます。


若干呆れ気味になってはいたけど、一応丁寧に

"大丈夫?どうしたの?"

と聞いたところ、

横隔膜周辺が痛い。 とのこと


横隔膜周辺。

生まれつきとっても丈夫で痛覚の鈍い私はそんなピンポイントで患部をいわれてもピンとこない。

おまけにしらけてしまい、ただ病院に行く事だけを進めたら、グッドアイデア!と言わんばかりに速攻出かけて行った(この即病院!っていう行動力もわたしにはない)。

帰ってきてどうだっかた聞いたところ

"お医者さんもよくわかんないっていうから、とりあえず薬いっぱい処方して来てもらった"

だって


よくわからないから薬いっぱい処方

理解できなかったので "よかったね。じゃあ飲んで寝てたら?" と社交辞令的な単語と雰囲気で適当に答え、放っておく事に。

なにか病気にかかったにちがいない、と怯える同居人。


いや、貴方のは一週間のレコーディングから来るただの

疲れです。

まあ、ゆっくり休んでください
DSC05032_convert_20080809003005.jpg
処方してもらい買って来た薬たち


では、

くりじゅん








00:38 サックス | コメント(0) | トラックバック(0)

レコーディング

2008/08/08
くりじゅんです

無事にレコーディングが終わったそうです。

そう、その同居人のカルテットの名前はアリアージュ・サクソフォンカルテット。

Alliage Saxophonquartett です。

彼らは新メンバーになってすでに2枚のCDを出しています。日本でも購入できるので
興味のある方は是非~。

私の師匠カルテット、ドルヴェールカルテット同様、サックスカルテット+ピアノ
という編成で演奏する事が多く、最近Quintettに改名したんですよ。

今こちらの時間でただいま夜の21時56分。ようやく外が暗くなりました。

�g���g���g��

例の現代オペラ、題名は?と聞かれたのでお答えします

Chaya Czernowin(イスラエル人の女性作曲家、読めません。。。)作曲の

Pnima...ins Innere というオペラです。

オペラと言っても歌手の方はおけピットで歌い、歌詞がないんだとか。。。

まだ合わせが始まってないので演出等はわかりませんが、おどろおどろしい曲です。

楽譜の見た目も。。。

605464.jpgこの方が作曲者
DSC05030_convert_20080808051729.jpgこれが発売されているDVD(ミュンヘン室内楽オーケストラ)



耳栓してこれから練習しまーす。

凄く高い音(フラジオ)の吹き過ぎで耳が痛いです。

では

くりじゅん






05:23 サックス | コメント(0) | トラックバック(0)

魔夏日

2008/08/07
くりじゅんです

今日はひさびさの真夏日。
ドイツは(ヨーロッパ)家にエアコンがないから今日みたいに30℃超えると最悪。

昔友達で「凄く」と言う代わりに「悪魔みたいに」って言う子がいたのを思い出し、

「あー。あの子だったらこんな日"悪魔みたいに暑い"っていうんだろうなぁ」

と懐かしく思い、今日のタイトル「魔夏日」にしました。

ただ、日本と違って湿気がないから息苦しさとか肌ベットベト、という不快指数的な物はないかな~と感じます。

でも、暑いものは暑い!



ベランダに6月頃蒔いたヒマワリがようやく花を咲かせた!

お日様に向かって元気いっぱい!
DSC05025_convert_20080807000758.jpg

今週から同居人(ドイツ人、同じくサックス吹き)がベルリンでカルテットのCDレコーディング。

発売日わかり次第お知らせします。

今まで私が経験もしくは聞いた話だと、ドイツではだいたいみなさん教会を借りてレコーディングしてます。
1日250ユーロくらいで借りれるんだとか。お願いすれば15分おきに鳴る鐘も鳴らなくしてくれるし(もちろん、そうじゃないとね!)音響もいいし、なんてったって今日みたいな日はとっても涼しい!

のこりあと2日。無事にレコーディング終わる事を祈ってます。

リード、最終日までもってくれ!!

日本で大学生やってる時、よく恩師、須川先生のレコーディング話を聞いて憧れたっけ。

気温がもう少し下がったら練習しよー

お昼になんちゃってジャージャー麺作りました。おいしかった。

今日の大聖堂も威風堂々としてて素晴らしいです

DSC05026_convert_20080807002704.jpgDSC05024_convert_20080807002903.jpg



では

くりじゅん


00:33 サックス | コメント(0) | トラックバック(0)

サクソフォンという楽器

2008/08/05
どうも。くりじゅんです。

サックス、という楽器。ベルギー人のサックスさんという(こどもの頃硫酸を飲んでも死ななかった)楽器職人さんが作った楽器です。

金属でできてますが木管です。クラリネットとかと同じ仲間。

昨日さらう気がなかった曲、今日はやるぞ!と意気込んで楽器をくみたてました。

ソプラニーノと言う楽器はあまり使われる事がなく、私も持っていないので、ケルン音大から借りてきました。
音程もものすごく悪く、曲の中に(これって無理なんじゃない?)みたいな
高音シ(H) に18va。。。

出んの?こんな音。。。

そ、それを克服する為にも今から練習。

最初の合わせのときに恥をかかないように!
頂いた音源(DVD)もきちんと見ておかなくちゃ。

ソプラノ、ソプラニーノ、そしてアルトサックスを並べて写真を撮ってみました。
一番右がニーノ。ちっちゃいんです!DSC05023_convert_20080805204123.jpg

昨日日本に住んでるお友達のピアニスト、みっちーと久しぶりに電話。

彼女はヤマハの主催している「国際音楽アカデミー」だっけ?に毎年伴奏者として
参加してるんだけど、元気そうで何より。お疲れさまっす!

私も過去3回くらいフランスのサックス奏者ジャン・イヴ フルモーさんにレッスンを受けに参加したっけ。

最終日は開催地の近くにある「Mein Schloss」ドイツ語で「私の城」(ドイツ人にこの名前を言うとみんな笑う)というドイツビールの飲めるビアホールでパーティーがあるんだよね。

海外から来られた先生方がそこで超絶技巧フル回転で演奏してくれる。

「その指、どうなってるんですか?」みたいな指の動きとリップ使い。

いやあ!彼らは本当にうまい!


それにしたって日本は暑そう!


まだまだ暑い日が続くと思うけどがんばって!

こちらはちょっと曇り空。でも過ごしやすいよ。

では!

じゅんくり




21:03 サックス | コメント(0) | トラックバック(0)

爽やか

2008/08/04
くりじゅんです

昨日は夕方から知り合いの方とケルンにある日本食レストラン「すもう」へ。

久しぶりに日本のキリンビールを堪能

ケルンのビール「ケルシュ」もおいしいけど、日本のビールもなかなかですね

おいしかった。井上さん、ごちそうさまでした。

あ~。
今日から本格的にさらわなきゃ(練習)いけないのにやる気がでない。

外は快晴!からっと爽やか。こんな天気の中閉め切った防音室で練習なんて。。。

プロ意識なさすぎですね。

11日から所属しているアンサンブルモデルンアカデミー(IEMA)の練習が始まるし、
ヴァイマーというポーランドに近い市でも本番が。。。

現代オペラ。ホロコーストのお話だとか。

サックスのパートはアルトサックスとソプラニーノの持ち替え。。。。ニーノって。。。

始めたばっかのブログなのに、
思った事を前置きなしで書いてます。

が、そのうち、ブログを更新していく中で私が何をしている人間かがわかると思います。

アメトークの「餃子の王将芸人」見てます。おんもしろい!

くりじゅん

p.s.サックスやってる人ににこのブログ読んでもらえたらいいなぁ
21:12 意気込み | コメント(0) | トラックバック(0)

ブログのタイトル

2008/08/03
ばんぶつりゅうてん(万物流転)

まんぶつりゅうてん、とも言うらしいんだけど、
これをドイツ語で書くと panta rhei パンタ・レイ

実は私、ドイツでサクソフォンを吹いていまして、このパンタ・レイは
私のサクソフォンカルテットの名前です。

クラシックサックスでドイツで活動してる日本人って私だけなんじゃないかなぁ。。。
学生がいるって話も聞いた事ないし(もしいたらごめんなさい!)

固い名前だなーって思ってたけど、今は気に入ってます。

先日オーストリアの国境付近の標高2000mの山頂でコンサートでした。
ええと、場所はOberstdorf オーバーストドルフという所。
サウンドオブミュージックのオープニングみたいなところで、とっても奇麗だった!!
DSC04994_convert_20080803211245.jpg
写真に写っている白い部分は雪!

標高2000mともなると、リード(サックスを吹くときに必要な葦でできたもの)の吹き心地が重くなる。
しかも酒の酔いが回るのが早い!

飲むテンポ、リードのコンディション用注意!
良い勉強になりました。

くりじゅん


21:21 私について | コメント(0) | トラックバック(0)

誕生日、そして 新たなる第一歩

2008/08/03
今日は。くりじゅんです
今日は私の誕生日です。
今日を節目にブログを始めました。
なんだか少し緊張してます。既にブログをやってる人も最初はこんなきもちだったのかなー。

ブログのタイトルにもある「どいちゅらんど」はドイツ語で「ドイツ」の事。
ドイツ、ケルン市在住のこの私。
今までにいろんな事があった。これからもあるでしょう!

そんなこんなをこのブログに書いていけたらなぁと思ってます。
よろしくです。

第一枚目の写真は
我が家から見えるケルン大聖堂です。
大聖堂はケルン中央駅のすぐ横にあるんだけど、中央駅から徒歩10分のところに住んでる私は、この巨大建造物を毎日拝めるんです。

ではまた!

くりじゅん

DSC04439_convert_20080803194024.jpg




19:41 意気込み | コメント(2) | トラックバック(0)
 | HOME | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。